京王線 飛田給駅

目次

駅概要

路線:京王線
住所: 〒182-0036 東京都調布市飛田給2丁目
調布駅まで電車で3分

編集部おすすめポイント

編集部メモ
・京王電鉄京王線の駅。東京都調布市飛田給一丁目にある。

・副駅名は味の素スタジアム前(あじのもとスタジアムまえ)

・1916年に京王電気軌道の駅として開業し、1944年に京王線の駅となった。
2001年には駅舎がグッドデザイン賞を受賞した。

・1日平均乗降人員は18,854人

・駅周辺には、東京スタジアム(味の素スタジアム)や、武蔵野の森総合スポーツプラザなどがある。

飲食       ★★★★★  
ファッション   
アミューズメント 
ショッピング  


京王線飛田給駅とは

今回は、飛田給駅について書いていきます!
サッカーの試合などでお馴染みの、味の素スタジアムがある駅。

新宿駅へは30分ほどで行くことが出来ます。
そんな飛田給の魅力を探っていきます!

飛田給の魅力3選

スポーツにゆかりがあるだけでなく、飲食店やスーパーもある便利な飛田給駅。
住宅地もあり、とても住みやすい街です。
そんな飛田給駅の楽しみ方をご紹介していきます♪

1.味の素スタジアムでスポーツ観戦をしよう!

サッカーやラグビー、アメリカンフットボールなども、色々なスポーツの大切な試合が開催される味の素スタジアム。試合がある日には、駅中が賑わいます。家族からカップル、夫婦など色々なジャンルの観客層だからスポーツをあまり知らない人でも楽しめる!
毎週試合を観に行くのを楽しみにしている人も多いそう。
味の素スタジアムでは、スポーツ以外でもアーティストのライブなどもやっているため、
その日によって駅周りの人々の様子や年齢層も違くて面白そうですね♪
ちなみに2001年にグッドデザイン賞を受賞した駅の構造は味の素スタジアムイメージして作られた駅だそうです。

↓味の素スタジアムHP
https://www.ajinomotostadium.com/

2.スタジアム周りの飲食店が充実♪

味の素スタジアムに行く際にもう一つ楽しみにしたいのは、美味しい食べ物です。
試合のチケットがなくても入ることが出来る「青赤パーク」には、美味しいケータリングカーが並んでいて、ケバブサンドやチーズドッグ、富士宮やきそば、ピザなど美味しいグルメを堪能できます。試合前にワクワクしながら食べたり、試合後にゆったり寄るのもお勧め。
その他にも、近くには「らぁ麺 はやし田」や「ロイヤルホスト」など、立ち寄りやすく美味しいご飯が食べられる場所もあるので観戦する際には是非♪

↓青赤パーク
https://www.fctokyo.co.jp/news/9781

3.武蔵野の森公園で癒される♪

武蔵野の森に囲まれた大きな公園「武蔵野森公園」は、約30万平米以上もの大きさがある広大な敷地です。
調布飛行場を見渡すことも出来るから、飛行機好きの方にもお勧め。他では見ることの出来ない、大きな飛行機を観ることが出来ます。
野球場やサッカー場もあって、スポーツも思い切り楽しむことが出来る!
1人でいて自然や動物に癒されるのもあり、仲間といって思いきり遊ぶのもありです。

↓武蔵野森公園
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about058.html

最後に

沢山の人が訪れる飛田給駅。楽しみ方が色々あって盛沢山の駅でした!
是非、遊びに行ってみて下さい♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる